きになるroom

主婦による気になるニュースや、芸能人、ペット、トレンド情報などをまとめたブログです。

動物


ヒトコブラクダ(一瘤駱駝、学名 Camelus dromedarius)はラクダの一種で、鯨偶蹄目 ラクダ科に属する大型の偶蹄類。 本種は2種のフタコブラクダと合わせて3種のみでラクダ属を構成するが、フタコブラクダが背中に2つのコブをもつのに対して、本種はコブを1つしかもたない。本種はラクダ
11キロバイト (1,487 語) - 2022年6月12日 (日) 09:08

(出典 get.pxhere.com)


暑さ対策してあげて!

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/08/10(水) 14:17:51.44ID:P/5e5t5j9
2022年8月9日 19:36

アラビア半島やアフリカなどの砂漠地帯に生息し、暑さには強いとされるヒトコブラクダ。そのラクダを飼育していた愛知・岡崎市の動物園でまさかの事態が起きました。

メスのヒトコブラクダのヒトミ(22)が死にました。死因は熱中症とみられているのです。

来園者
「ショックですよね」

暑さに強いはずのラクダが、なぜ…。

人間にすると約60歳というヒトミ。獣医師によると、先月末から食欲不振が続いた上、自分では立てない状態になっていました。

動物園は懸命に治療を続けていましたが、3日に息を引き取りました。死後、動物園が解剖して調べると、ある異変が見られたといいます。

岡崎市東公園動物園 獣医師
「体内の臓器などが熱にかかったときに出るような色だったりとか」

体内の温度が通常に比べて高かったことから、熱中症で*だとみられるということです。

岡崎市東公園動物園 獣医師
「高齢であることと立てない、体力の低下があった上でそうなったのかなと」

暑い日が続いていた岡崎市。今月頭には35℃を超える猛暑日になっていました。年齢に加えて、暑さが熱中症とみられる症状を引き起こしたのでしょうか…。

https://news.ntv.co.jp/category/society/fbec1d3b637d4e9faa9c31e0f6499f0e

【ヒトコブラクダのヒトミ(22)か熱中症で死亡 暑さに強いはずのラクダが、なぜ…。】の続きを読む


PNG。 日本語の表記はパプアニューギニア独立国。通称はパプアニューギニア。他に、パプニューギニアパプアニューギニヤ、パプニューギニヤ、という表記もされる。「パプア」と「ニューギニア」の間に、中黒(・)を入れることも多い。 パプアニューギニアは、元々あったパプアニューギニア
46キロバイト (5,351 語) - 2022年7月15日 (金) 20:24

(出典 www.publicdomainpictures.net)


絵描いてある!

1 きつねうどん ★ :2022/08/09(火) 07:11:20.14ID:CAP_USER

(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)

こ、これは…何?(フェイスブックから)

 世界では今でも新しい生物が発見されることがある。

 南太平洋パプアニューギニアのニューアイルランド州の沖合で先日、これまで目撃されたことのない生物をダイバーが発見。写真を撮ってSNSに投稿すると、すぐに話題になった。

 泳ぐスピードが速く、サッカーボールよりも少し大きい生物は「新種のクラゲではないか」というのが海洋生物学者の見立てであるが、豪州でクラゲを研究している豪クラゲ刺傷情報室のリサ・アン・ガーシュイン室長はこう話す。

「1997年に豪州のグレートバリアリーフで1度だけ目撃されたものに似ています。当時のクラゲはブリスベン市のクイーンズランド博物館に保管されていますが、今回発見されたクラゲはより大きく、さらに模様も少し違うようです」

 25年ぶりに発見されたクラゲの可能性もあるし、「新種のクラゲ」かもしれないと専門家の間でも意見が割れている。同室長は今後、論文を発表するという。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/309492

【新種のクラゲか? パプアニューギニアで発見された『謎の生物』が凄い!】の続きを読む


8月8日は『世界猫の日』


国際猫の日は、毎年8月8に行われる記念。2002年に国際動物福祉基金によって創設。 に対する意識を高め、を助け、保護する方法について学ぶとしている。 2020年に「国際猫の日管理運営は、1958年以降世界飼い猫の健康と福祉向上に努めているイギリス非営利団体「インターナショナル・キャット・ケア」に引き継がれました。
2キロバイト (204 語) - 2022年8月8日 (月) 06:41



世界中の猫が幸せになりますように

【8月8日は『世界猫の日』】の続きを読む



(出典 c0.wallpaperflare.com)


動物はみんな可愛いな😊

1 風吹けば名無し :2022/07/31(日) 01:17:48.90ID:Xpv4ar0J0
【【画像】はしゃぎすぎてしまうワンコが可愛い】の続きを読む


ネコは一緒に暮らすほかのネコを仲間とは見なしていない?麻布大が発表


子猫のうちから一緒に過ごせば話は別ってことか?


麻布大学は7月28日、ネコの社会行動とホルモン、腸内細菌叢の関連性を解析した結果、攻撃性などに関連するテストステロンやコルチゾールの値が低くなることにより、ネコはほかの個体と同じ空間を共有して集団生活が可能となるものの、“愛情ホルモン”として知られるオキシトシンの機能は仲間に対する親和的なものとは異なっており、同じ空間で生活しているほかの個体を仲間と見なしていない可能性を明らかにしたことを発表した。

同成果は、麻布大 獣医学部 介在動物学研究室の子安ひかり研究員、同・永澤美保准教授、同・菊水健史教授らの研究チームによるもの。詳細は、米オンライン科学誌「PLOS ONE」に掲載された。

ネコは単独での生活を好むイメージがあるが、家の中で複数匹で飼われ、仲良く暮らしている様子もよく見ることができる。そうしたネコが集団で生活するか、または単独で生活するかは、エサの分布など、その種を取り巻く生態学的要因によっても変わってくるという。野生のネコ科動物の多くは排他的な縄張りを持ち、ライオンなどの一部を除けば単独で生活している種が多いが、イエネコ(以下、ネコ)はエサが豊富なところでは高密度で、互いに交流しながら生活している。

ネコが集団生活を可能にするためには、ほかの個体が身近で生活しても気にしない寛容性や、衝突を避けるための行動戦略を持ち合わせていることが予想されるという。このような寛容性といった気質や行動はテストステロン(攻撃行動や競争などに関与)、コルチゾール(脅威に直面した際の攻撃性や恐怖反応に関与)、オキシトシン(集団内に対しては親和的に、集団外に対しては敵対的に機能)などのホルモンや、腸内細菌叢によって調節されていると考えられている。

そこで研究チームは今回、ネコが集団生活を可能にしたメカニズムと、また現在どのような集団を形成しているのかを明らかにする調査を行ったという。


具体的には、同室内にて生活する、3つのネコの集団(1集団の構成は、血縁関係のない、避妊去勢済みの雌雄混合の成ネコ5頭ずつ)を対象に、2週間の夜間行動観察と糞尿の採取が行われた。採取された尿からはテストステロン、コルチゾール、オキシトシンの各ホルモンの値が測定され、糞便からは腸内細菌叢が調査され、ネコの社会行動との相関が調べられた。

社会行動とホルモンの相関解析により、テストステロン値が低いネコの個体はほかの個体から逃げる回数が少なくなることを踏まえ、同ホルモンの値が低くなることで、ほかの個体と空間を共有することが可能になっていることが考えられるとした。

また、コルチゾール値が低い個体は探索行動や遊び、フードシェア(ほかの個体と一緒にご飯を食べる行動)が増えたことから、ほかの個体との関わりを持つ集団を形成することが示されたとする。

そしてオキシトシンについては、霊長類などでは親和的集団(内集団)においては、集団内個体に対しては親和的に機能するため、同ホルモンの値が高いと、集団内のほかの個体とのアログルーミング(お互いに毛づくろいをし合うこと)が多くなることが確認されている。しかし今回の実験では、オキシトシンの値が高いにも関わらず、アログルーミングが少なかったことから、オキシトシンの機能が集団内個体に対するものとは異なることが示されたという。

腸内細菌叢については、その構成要素と行動やホルモンに相関が見られたという。腸内細菌叢が、ネコの社会行動やホルモンに影響を与える可能性が示されたとする。今後、サンプル数を増やし、社会行動やホルモンと関連の見られる細菌種特定や無菌マウスを用いた実証実験を行うことにより、ネコの社会行動やホルモンに影響を与える腸内細菌が明らかになることが期待されるとしている。

今回の研究では、同室にて生活するネコにおける社会行動とホルモン、腸内細菌叢の関連性の研究により、ホルモンシステムや腸内細菌叢の変化によって社会行動の変化が生じたことから、ネコは集団生活を可能にしていることが考えられる結果となったが、研究チームでは、今回の実験に参加したネコは保護された成ネコであり、そのネコたちが生活してきたバックグラウンドは不明としている。また、集団の形成やその構造には、生態学的要因のみならず、幼少期の経験など、社会環境的要因が大きな影響を与えることがわかっていることから今後は、さまざまな条件下で実験を行うことにより、ヒトを含めた、動物の集団形成メカニズムの解明につながることが期待されるとしている。
(波留久泉)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

【ネコは一緒に暮らすほかのネコを仲間とは見なしていない?麻布大が発表】の続きを読む



(出典 live.staticflickr.com)


笑い事じゃないけど、大根の猿に笑ってしまう

1 蚤の市 ★ :2022/07/23(土) 12:49:35.26ID:W/MVrhzA9
「網戸開けて入った」「大根持って歩く」 猿やりたい放題29人けが

 山口市小郡地域で住民が猿にかまれるなどの被害が相次いでいる。21日から22日午前にかけて6歳~70代の男女計5人が負傷しており、被害が始まった8日以降、けが人は22日現在で計29人に上る。山口県、市、県警などは同日、県庁で対策会議を開き、市は市街地での麻酔銃使用で猿を捕獲する方針を示した。住民からは事態の早期収束を願う声が上がる。【山本泰久、堀菜菜子、福原英信】

 対策会議には県自然保護課、山口市農業政策課、県警本部生活安全企画課、山口南署などの担当者ら11人が参加。けが人はいずれも軽傷。当初は幼児が狙われたが、その後は40代男性まで襲うようになり、17日には最多の8人が被害に遭った。

 同市小郡新町では同日午前8時前、猿が民家の網戸を開けて屋内に侵入し、3歳と5歳の男児2人の手足にかみついたり引っかいたりした。当時、2階にいた父親は取材に「1階から泣き声がして急いで向かうと、猿が子供に覆いかぶさっていた。早く子供たちがのびのびと外で遊べるようになってほしい」とため息をついた。近隣住民からも「明け方に窓をバンバンとたたく音がして、見たら猿だった」「大根を持って歩いていた」などの目撃情報が相次いだ。市は公用車を巡回させて戸締まりを呼び掛ける他、猿が逃げる際に通過する川沿いの道に職員を配置して警戒に当たっている。

 山口南署には猿の目撃情報が109件寄せられている。市では「目撃情報では40~50センチや70センチというものもあり、体色の違いもあるので猿は単独ではなく、複数いるのかもしれない」という。

 また、猿は餌に執着しておらず、わなにかからないといい、県の担当者は取材に「室内に侵入しても食べ物を探した形跡がなく、人を襲って、その反応を楽しんでいるような節がある」。市の担当者は「これまでにも猿被害はあったが、ここまで長引いたことはなかった、一刻も早く収束させたい」と話した。

 県立山口博物館の田中浩学芸員(動物担当)は「ニホンザルは本来、群れで生活し、人を襲うことはほとんどなく、あまりみない事例。群れから離れた場合、通常は他の群れに合流するが、群れを見つけられず、パニックになっているのではないか」と説明。その上で「確実な戸締まりと猿の出没情報の共有をしてほしい。猿がいたら近づかないことが大切だ」と注意を呼び掛けた。

猿によるけが人(22日現在)
8日 1人 小郡新町
9日 1人 〃
11日 1人 小郡みらい町
14日 1人 小郡下郷
15日 4人 小郡新町
17日 8人 小郡新町、小郡尾崎町、小郡下郷
18日 1人 小郡新町
19日 1人 小郡みらい町
20日 6人 小郡新町、小郡みらい町
21日 4人 小郡尾崎町、小郡新町、小郡円座西町
22日 1人 小郡尾崎町

毎日新聞 2022/7/23 09:00(最終更新 7/23 09:00) 1137文字
https://mainichi.jp/articles/20220723/k00/00m/040/030000c
※スレタイは毎日jpトップページの見出し

【【山口】「大根持って歩いてた」猿やりたい放題 29人ケガ 「人を襲って、その反応を楽しんでいるような節がある」】の続きを読む

このページのトップヘ